テレクラマニア

TOP
テレクラガールイメージテレクラガールイメージ

見切りまでの時間を自分なりに決めておく

テレクラでも気になるのがサクラの存在です。どの業界でもサクラは居るものであるという認識を持った方が、無駄な時間を使わずに済みます。出会い系サイトなどでもサクラが存在しており、多くのポイントを使わせるために、やり取りを引き延ばすなどの手口が知られています。

テレクラでもサクラが皆無とは言えません。ただし、運営側が関わっているというよりは、女性自身のメリットのために、やり取りを細かく行うというスタイルが取られています。それは、女性は男性とのやり取りを行うことによって、それが収入に繋がるようなシステムが導入されている場合があるのです。

長くやり取りをすると、それが自分への収入になっていくとなれば、短時間のやり取りではなく、できるだけ長く男性とのやり取りを行う気持ちが芽生えます。つまり、サクラではないにしても、あたかもサクラのように、とりとめのない時間が過ぎていくことが起こるのです。

ただし、こうした自分の希望する出会いとのギャップが生じている相手は、きちんと見分けることによって早期に対応が可能になります。無駄なポイントを投じることなく、本当に出会いたいという流れが出来上がると、余計な出費が抑制できます。

まずは見切りまでの時間を自分なりに決めてやり取りを行うと、無駄を省いて出会いの有無を判断することができるようになります。もちろん、時間はきっちりするのではなく、少し甘い設定にすることで、自分の気持ちに背くことなく脈ありの有無を判断できるのです。

ポイントの使い過ぎを防ぐためにも、具体的な進展に至るまでの時間を決めておくと、それだけでもサクラの抑制となります。直で連絡できるようなアドレスや電話番号が聞けるということは、その後の出会いに前向きな証拠です。

でも、いつまでもそれを渋るのであれば、テレクラを利用するメリットからはかけ離れているのです。メールのやり取りの方が匿名性が高いので、それであれば出会い系サイトを利用すべきなのです。ですから、わざわざテレクラを利用する必要がないのでは?と疑問に思うような相手は、サクラと判断すべきなのです。

Information